メインイメージ画像

希望を伝える事は大事

将来の万が一の時に備えて遺言状を作るする方が増加しています。書類がないと相続人は資産分与で見解が決裂してしまう事もあるからです。もめ事がないためにもあなたの希望をちゃんと伝える事は大事ですね。では一体どんな場合にことさら書類が必要になるのでしょうか。色々なケースが考えられますが、とりわけ相続人がいない場合、相続人の他の方に遺産を残したい場合、法定相続分の率を変えたい時、相続人に所在地の不確定な人がいる時、遺産を残したくない方が家族の中にいる時、資産が不動産しかない時、子がいない場合、再婚しており前と後の妻2人に子どもがいる時、ある団体へ寄付を希望する時等が挙げられます。

遺言書は相続人のためにも作成するのがお勧めです。

親族が突然亡くなったら残された遺族は遺産分与について話してゆかないといけないでしょう。法律家の助けを借りながら進めていくのですが、私達はどんな時にどの専門家に依頼すると良いでしょうか。弁護士がしてくれる対応は基本的に争いごとのあるものと思って良いです。

例えば、相続で意見が異なりもめている分与の話し合いは今後だが喧嘩になりそう、遺産自体が相当の量で、弁護士に相談するのがそれなりだと感じる、顧問弁護士にまかせている等です。普通裁判がある事を考え、数千万以上をめぐる会議がある状態の時に契約締結が多いようです。色々な専門家がいますが、個々に得意分野は違います。相手がどのような対応をしてくれるか深く確認してください。